■2006年04月22日(土)23:59  かけがえのない宝物part1 後藤理恵
toyoeiwa1.jpg 450×338 205K
先日、お休みをいただいて学生時代を過ごした東京に行ってきました。
5月に友人の結婚式の司会を頼まれていて、その打ち合わせを兼ねて、大学時代の仲間に会いに行ってきたのです。
結婚する友人を含めて大学時代共に過ごした仲間4人が集まり、(本当はあと3人いるんですが、皆子育てなどで抜けられなかったのです)約1年ぶりの再会の時を過ごしてきました。
思い起こせばみんなと出会ったのはもうかれこれ11年前のこと。
一緒に笑い、泣いて、悩みながら励ましあった4年間の濃密な時間はついこの間のよう。でももう卒業して7年も経っているんですよね。
私が東京を離れたこともあって、みんなでちゃんと集まって会うのは1年に1度くらいになってしまったけれど、会えばついこの間会ったばかりのように話が弾んで、ブランクなんか感じさせないくらい自然と溶け込んで・・・。


素の自分を一番理解してくれている大切な仲間たち。私にとってはかけがえのない宝物です。

■2006年04月23日(日)00:22  かけがえのない宝物part2 後藤理恵
mariko.jpg 450×338 133K
今回の東京小旅行。もうひとつの目的は、大親友のまりりん(通称)とその息子たいちゃん(本名泰一君)に会うこと。

まりりんは、アナウンサー友だちであり、何でも話せて、信頼し合えて、お互い一番の理解者で。私にとっては大学時代の仲間と同様かけがえのない、大好きでとても大切な親友なんです。(詳しくは2005年5月の日記をご参照下さい)

2月に赤ちゃん(たいちゃん)を産んで母親になった彼女は、以前にも増してきれいになり、しかも肝っ玉ママぶりがすっかり板についていて、何だか女性として外面も内面も美しさに磨きがかかったような感じでした。

親友としてもそんな幸せオーラ全開の彼女の姿は嬉しかったです。

しかもまだ2ヶ月のたいちゃん。私のぎこちない抱っこにも微笑んでくれて、とてつもなくかわいかったですよ〜。

結婚に出産にそれぞれの道を歩んでいく友人たち。
でもいくつになっても、どんな道を歩いていても、あの頃と何も変わらない笑顔と空気が、私を癒してくれます。

友人との短いけれど濃密な2日間は私にパワーをくれました。

過去ログ
2004年01月 02月 03月 05月 07月 09月 
2005年01月 02月 03月 04月 06月 08月 09月 11月 
2006年01月 02月 04月 05月 08月