■2005年11月04日(金)09:15  人恋しい秋にぜひ読んでいただきたい本 後藤理恵
皆さんお久しぶりです。
季節はあっという間に秋ですね〜。
しかも11月。今年もあと残り2ヶ月ですか…。早すぎです。
ついこの間「二年参り」の取材して、「どんど焼き」に行ったばかりだと
思っていたのに…
最近ではこんな会話をよく古賀さんと繰り広げています。
1年の移り変わりって本当にあっという間ですね。
この2ヶ月、悔いの残らないように過ごさなければ。

さてさて、あたり一面秋色に染まるこの時期。
人恋しい季節でもありますね。
これから冬にかけてクリスマス、そしてバレンタイン、恋人たちにとっては、
一大イベントが控えていて、それだけに、2人の仲もぐんと深まっていく。
そんな季節ではないでしょうか。

私はというとそんな色恋沙汰からは遠ざかってのんびり穏やかな日々を
過ごしていますが、ここのところはまっているのが、「擬似恋愛」です。
と、こんなことを書くとちょっと危ない人妻のようですが、
別に怪しいことをしているわけではないですよ〜(笑)
『読書の秋』ということで、恋愛小説を読みまくっている訳です。

最近読んだ中でのベストヒットは市川拓司さんの「恋愛寫真」。
そして辻仁成さんの「サヨナライツカ」。
どちらも純愛小説ですが、男性側の視点から綴られる恋愛小説は、
女性側から語られる「純愛」よりもより純度が増して、本当に、
純粋に人を愛することの素晴らしさ、切なさを実感できる気がします。
どちらも読みながら心が震え、涙が止まらず、しばらくは本の世界から、
離れることができませんでした。
もちろん、女性作家による、女性の心理を巧みに描いた恋愛小説も、
現実味があって大変好きなのですが、人恋しい秋。
男性側の視点で描かれた真っ直ぐな純愛物語に心奪われてしまいました。

この2冊、まだ読んだことがないという方、ぜひ読んでみて下さい。
後藤理恵オススメの純愛小説です!

(載せる写真がないので、この夏、山形に帰省した時の一枚を!左から、従妹の佳子ちゃん、末妹の真由美、次女の麻利子、そして私です)
050830_1128~01.JPG 320×240 31K

■2005年11月22日(火)17:17  冬だけど「冷やしラーメン」!  後藤理恵
050829_1220~01.JPG 128×96 7K皆さん、山形の名物といえば何を思い浮かべますか?
まずは「さくらんぼ!」と言う方が圧倒的でしょうね。
続いて「ラフランス」「芋煮」・・・となるのでしょうか?
食べもの以外だと「将棋の駒」とか「こけし」とか、「蔵王の樹氷」とか?

山形って東北地方の中でも地味だから名物って言われてもわからない。
という方も意外と多そうですね。

私が今回ご紹介したいのは、夏の山形名物「冷やしラーメン」!
(季節は「冬」なのに「夏」?それも「ひ〜や〜し」?という声が聞こえてきそうですが…)
この「冷やしラーメン」、もちろん夏季限定なんですが、まじで、まいう〜なんですよ!!
スープには氷が入っていて、冷たくって、でもお味はラーメンそのもの!
こしがある麺と煮干でだしをとったシンプルかつ味わい深い冷たいスープがうまく絡み合って絶妙の味わいを醸し出すのです!1度食べたらやみつきになること間違いなし!
アクセントで梅干も入っているので、くちあたりはさっぱり。
まさに夏の食べものですよ!

この冷やしラーメン、最近では全国各地でも見かけるようになったそうなんですが、発祥は私の生まれ育った「山形市」なんですって。
山形では夏になると、ラーメン屋さんの店先に必ずといっていいほど「冷やしラーメン」ののぼり旗が立つんですよ〜。

もちろん夏季限定ですので、今の季節は食べられませんが(ていうか今の時期に「冷やしラーメン」はいらないですか?)ぜひ初夏〜晩夏にかけて山形にお出かけになった際には、ぜひこの「冷やしラーメン」をご賞味あれ!

ということで、夏に帰省した時に、携帯のムービーカメラで撮った「冷やしラーメンと私」の映像を静止画にしましたのでご覧下さい。
(かなり見づらい画像でごめんなさい。)

過去ログ
2004年01月 02月 03月 05月 07月 09月 
2005年01月 02月 03月 04月 06月 08月 09月 11月 
2006年01月 02月 04月 05月 08月